読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルタイムでインタラクティブにムーブする図形

図形

今まで図形の動画を作るにあたってgnuplotを使って描画していたが、リアルタイムで図形を動かしたくなってOpenGLを触ってみた。
マウス入力に反応できるようになったのでぐりぐりして遊べる。
(まだプログラムは公開しません。ごめんなさい)


「ヒトデ」と「スピログラフ」。
ヒトデがヒトデに見えないのは、タイトルが後付けだから。



(追記 2012.11.30)
ずっとPCのスピーカーを切っていたら音が入り込んでいたのに気づかなかった!
そっと音量を0にして見てください。
(追記終わり)


最初はマウスの座標や速度に反応するようにしたが、サラサラ動きすぎで感触がなくて面白くなかった。
そこでマウスの位置に遅れて追随するようにしてみると、今度はにゅるにゅるっと図形がついてきて動かしている実感がでてきた。
こういう要素って結構大事だ。


言語はC言語で、GLUTを使っている。
ほとんどCを触ったことがないので悪戦苦闘だが、新しいことはなかなかわくわくする。
3次元の図形もやってみたい。