読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

使ってみて感じたiOS(iPhone)とAndroidの違い

モノ

僕は一昨年からiPhone4を使っていた。
とても良くできていて使いやすかったが、なんとも言えない違和感が積もって先月逃げるようにAndroidのGALAXY S2(au)に乗り換えた。
その違和感はずっとリクライニングチェアに座っているとき感じる疲労感に似ていると思ったので、iPhone(iOS)とGALAXY(Android)をチェアと座布団にたとえてみた。
以下、比較。直感で書いているので事実と異なるかもしれない。




リクライニングチェアは座り方が決まっている。
iOSは使い方が決まっている。
ここにお尻を付けて、頭はここで、肘は肘掛けにのせて、体重をかけてリラックスして……。
このブラウザを使って、文字入力はこれで、よく使うアプリは4つまでホーム下に持ってきて……。
座るだけならとても楽で簡単で、人間に最適化された道具に思える。
使うだけならとても楽で簡単で、人間に最適化された道具に思える。
チェアの構造自体に座り方と使用目的が植えつけられている印象だ。
iOSの構造に使い方と使用目的が植えつけられている印象だ。


一方、座布団は割と自由な座り方を受け入れてくれる。
一方、Androidは割と自由な使い方を受け入れてくれる。
どこにお尻を付けてもいいし、正座して背筋を伸ばしてもいいしあぐらをかいて猫背になってもいい。なんだったら横になったときに2つに折って枕にしてもいい。
どのブラウザをデフォルト起動にしてもいいし、ホームに何も置かなくてもごちゃごちゃにしてもいい。なんならバックでアプリをフル回転させてカイロにしてもいい。
積極的に座り方を提案してくれるわけではなく、使い方を人に委ねている道具に思える。
積極的に使い方を提案してくれるわけではなく、使い方を人に委ねている道具に思える。
座り方と使用目的に道具が合わせてくれている印象だ。
使い方と使用目的にAndroidが合わせてくれている印象だ。


ちなみにチェアに張ってあるクッションは洗えないが、座布団はカバーを外せば洗える。
ちなみにiOSデフラグできないが、Androidはアプリを入れればデフラグできる。




以上、共感できる人は居るだろうか……?
ちなみに勘違いしないで欲しいが、iPhoneが嫌いなわけではない。
むしろどのスマートフォンよりも好きだが、そのことと自分の手に馴染むかどうかは別の問題ということだ。