読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友達を名前で呼べない人について

鉄塔的思考

サークルにしても仕事にしても、集団に必ず一人は居るのが友達や仲間を名前で呼べない人だ。
あだ名や下の名前で呼び合っている集団でもその人だけは名前を使わず「ねぇ」とか「おい」みたいな呼び方をしていて、不便なはずなのに何年もそれで切り抜けている。
ある意味器用とも思える行動だ。
または、全員に対して「○○さん」とか「○○氏」みたいな呼び方をしたり全く違うあだ名で呼んでいる人も居るが、これは人を名前で呼ばないために編み出した技術の一つだと思うので同種の人々だろう。


さて、一部の人がこうなっている理由について、僕は愛情表現に対するアレルギー(気恥ずかしさ)があるのではと思っている。
名前を呼ぶだけで愛情表現とは大げさかもしれないが、愛称と言われる通り親しみを込めた場合にのみ名前やあだ名で呼ぶものなので、これをカジュアルな愛情表現だと考えている。
アレルギーがない人から見ると変に距離を感じたり名前失念疑惑をかけたりするが、僕の考えが正しいならむしろ愛情表現であることを強く意識しているからこそ名前で呼べていないことになる。


ではなぜそんな(無用な?)アレルギーがあるんだろう。
人を名前で呼べない人でもねこは名前で呼んでいるようなので、人間関係に対する何かが関係してそうな気がする。よく分からない。
ただそれが治らない理由はよく分かる。先に書いた通り、名前で呼ばなくても問題なく生活できるからだ。


とは言えこのままでは人間関係において損をすることが多いので可能なら治した方がいいと思う。
そのためにはとにかく無理をしてでも名前で呼んでみることが必要なんじゃないか。
というよりは無理をしてでも名前で呼んでみよう。……ここまで書いてなんだが、実は自分もその中の一人だ。
「僕の考え」とか言いつつ「僕の場合」だ。実は。
ただ自分のまわりには似たような感じの人が何人もいるので、実際に多くの名前で呼べない人にも言えるんじゃないかと思っている。


結論:
1、名前を呼べない人は愛情表現アレルギーの可能性がある。
2、自分もその一人だが、これは抗い難い特徴なので許してほしい。
3、がんばって治そう。


もし自分と似たような人がいたら、気恥ずかしさが原因だと思うこと自体が気恥ずかしいので、これはアレルギーだと思うと少しは楽です。
そしてまずは、次にできた友達には名前で呼んであげてください。