読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠時間に価値は無いか?

日記

しばしば、人生を短く感じる。
そんな時は睡眠時間を削ってでも生きる時間を伸ばそうと思うが、果たしてそれで価値は生まれるんだろうか?


人は起きている間だけ生きているわけではない。寝ている間も生きている。
しかし、短眠で有意義な時間を過ごそうという発想には「睡眠時間≒死んだ時間」というイメージが見え隠れする。
もっと言えば「睡眠≒死」だ。
果たしてそのイメージは妥当だろうか?そんな風に見えなくもないが……。


『僕の時間はゆっくり進むから仕事も趣味もゆっくり進めるんだ!』
なんて言ってる余裕はそんなに無いかもしれない。
しかし各々の時間感覚を否定したくもない。


ゆっくりなことを「のろま」と思うか「マイペース」と思うか。
そこが何かの分かれ目な気がする。




……と、小学校の頃に給食を食べるのがいちばん遅かった僕が思いました。