読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ、OSを作ろう

日記

作ってみれば理解が深まるというものだ!
……と言ってもOSなんてそうそう作れるわけじゃないから、そもそも作ろうなんて思っていなかった。
が!買ってしまったこの本で少々状況が変わった。


30日でできる! OS自作入門

30日でできる! OS自作入門


30日で一通り作って、ちゃんと普通のCPUで、マウスでいくつものウインドウを操作できるようなOSができてしまうという本。
今はまだ4日目だが、とりあえず楽しい!
まぁ作るとは言っても、キテレツ斎さま(著者)がOSを作りながらこちらに逐一説明してくれて自分でもコードをいじくり回して遊んでいるような感じだ。
こうしていると学研の科学を思い出す。手を動かしながら原理を理解していって、次は自分で作れるんじゃないか、みたいなところが似ていると思う。
そう考えると10年ぶりの教材だ。


ちなみに、今僕のOSは起動するとグリーンとマゼンダの丸が出てくるが、終了できない。
これでもフロッピーに焼けば普通のパソコンで起動できるところが楽しい。

画像はUbuntu上で仮想化しているXP上で仮想化しているところ。