読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの世へ直送?

日記 意見・提案

いや、そもそもあの世なんて考え方は古いかも知れないが、最近は直葬という弔い方が増えているらしい。
これはいわゆるお葬式を行わずに火葬に持っていく最小限の葬儀形態だ。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090923/trd0909230800003-n1.htm



僕もそういう弔われ方に憧れる一人ではある。しかし自分が遺族ならゆっくり時間をかけて悼みたいところだ。
それに現実には形式的にでもお葬式を行わなければならない場合が多いだろう。



折衷案的な発想かもしれないが、それなら少人数・小規模の葬儀形態もある。
例えば広島なら白百合会みたいなところだ。家族葬と呼ばれたりもする。
高額な葬儀セットだけが供養だとは思わないならいい選択だろう。



低予算化がトレンドなのは結婚式なども同じだと思うが、それは儀式の軽視によるものではないと思う。
むしろ単なるテンプレートではない本当に意味のある儀式が模索されているんじゃないだろうか。